>

大空で風を感じるためのライセンス

重力に身を任せるという解放感

普段は色々なしがらみに縛られているという人たちは、すべてのものから解き放たれて自然の力に身を任せるという体験に魅せられてしまうものかもしれません。
バンジージャンプやスカイダイビングを体験したいと希望する人が後を絶たないのが、その証拠と言えるかもしれませんね。

スカイダイビングの体験だけならライセンスは不要ですが、インストラクターとのタンデムジャンプであることが必須条件となりますから、「独り占め」とは少し違ってくる気がします。

スカイダイビングのライセンスには4つの種類があります。
ひとりで飛ぶための基本的なライセンスから、暗くなってからも飛ぶことができるものやインストラクターになることが可能なライセンスまでその種類は多岐にわたっています。

海外でのスカイダイビングを希望するなら、アメリカが発行しているUSPAのライセンスを取得しておいた方がいいでしょう。

飛ぶだけじゃないスカイダイビング

大空を舞い降りる醍醐味を知ってしまったら、次はまた別の形に挑戦したいと思うかもしれません。
スカイダイビングはパラシューティングの一部としての位置づけがされていて、そこには様々な空の競技が存在します。

単なる空への興味からスカイダイビングを始めることになったかもしれませんが、そこで知り合った人の影響や飛ぶことの魅力にはまっていった結果として競技を始めることがあるかもしれません。
できるだけ正確に指定されたポイントに降り立つことを競い合う競技や、複数の人数で降下しながらフォーメーションを組む競技、その他にも空中での演技力を競いあう競技など、興味深い種目がたくさんあるのです。

このようにスカイダイビングの経験を重ねていくことは、上級のライセンスを獲得することができるということになりますから、同時に旅先での楽しみ方も増していくことでしょう。


この記事をシェアする