>

ワンランク上の体験をするために取得しておきたい資格

初めての場所でもナビがあるから大丈夫!

便利になった最近の都市部では、自家用車は必要ないと考える人も増えてきたといいます。
それでも、旅先などで自由に移動するためにはやはり自動車の存在は欠かせないものです。
宿泊するための荷物を持っての移動は大変ですし、何より時間的な制約を受けてしまうことがもったいないと思いませんか?

運転免許を持参して旅に出かけ現地でレンタカーを借りて移動するとしても、知らない土地で運転することに不安があるかもしれませんが、道路交通法は全国共通です。
たとえ道順がわからなくても、今はカーナビが装備されていますから行き先を入力するだけで案内してくれます。
旅先の空港や新幹線がとまるような主要な場所でレンタカーを借り、帰りもそこまで車で行けるのですから便利であることこの上ありませんね。

海外で運転するなら国際免許を取ろう!

日本で運転免許を取得していれば、そのまま海外でも車の運転ができるということではありません。
あらかじめ、国際運転免許証というものを取得しておく必要があるのです。
これがあればジュネーブ条約に加盟している国々での運転が可能となります。

たとえばアメリカ旅行に行き、あこがれのアメ車でハイウェイを走りたいという夢を持っている人もいるかもしれませんよね。
東京の首都高速のようにビルの間を縫うように走るクネクネとした道ではなくて、まるで映画のワンシーンのように真っ直ぐに延びた荒野の道が、あなたを待っているのです。

国際免許証はわずか1年で無効になってしまうので、渡航が決まってから申請した方がいいと言えるでしょう。
ただし警察署で手続きをする場合には発行までに時間がかかることが考えられますから、急ぎの場合には注意が必要です。


この記事をシェアする